FC2ブログ
2010/09/23

閉店セール

本日はお彼岸につき鳥見はお休みです。

用事の合間に某店の閉店セールを覗いてきました。
その店の名は「パソコンランド21高崎南店」。
ここがとうとう閉店という事になったそうです。

通称ツーワン(勝手に自分で呼んでいるだけですど)ここの他に伊勢崎店というのがあり、そこは営業を続けるそうです。

このツーワンですが、かなり古くからやっていて、いわば群馬では草分的といっても良いでしょう。
まだ今のDOS/Vの前からつまりPC98の頃からやっていました。

PC98やDOS/Vと言ってももう意味も名前も知らないって人も多いでしょうね。
その昔、NECのPC?9801という今のパソコンとは全く別の規格のパソコンがあり、それが国民機と呼ばれていた時代です。

それが1990年代初頭よりDOS/Vと呼ばれる今のパソコンの原型の物が突如現れ、その安さとオープン規格が故の拡張性、サードパーティーの多さなどから次第に普及し遂にはPC?9801が消え去ったというのがパソコンの世界の流れです。

思えばそのPC?9801の唯一の互換機エプソンのノート型パソコンをこの21で買ったのが自分の初めてのパソコンでした。

そのノートパソコンは当時主流の2FDDだったのですが、片方のFDDを後付けHDDに換装したりといろいろいじくり倒したのを思い出しました。

DSCN3196_2786001.jpg

そんな頃からずっと通い続けていた訳ですが、ある時からPCの自作に興味が無くなりあまり最近はPCショップに立ち寄る事はありませんでした。

でもいざ閉店となって、店を訪れてみればなんだか色々とこみ上げてくるものがありました。

自分でパソコンを作る事に夢があった時代とでも言えばいいのでしょうか?

それは安さだったり、拡張性だったり、信頼性だったり、中身の構成の分かりやすさだったり、自分で作った方が断然面白かったと思えた時代。

それがいつしかパソコンは道具になり買った方が安いと思うようになりました。

自作をしている方も沢山いる事とは思いますがこの店の閉店はそんな時代の象徴と思えます。


PS.パソコン自作に興味が無くなったのは、かつて自作したPCがある時一辺に3台壊れた事があり、そのショックによるものでした。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

私も自作派でしたが、今はBTOで十分思い通りの組み合わせやスペックが保障付で安価に得られますからねぇ...
ちなみに私の初パソコン(当時はマイコン)はシャープのMZ80Bでした。
さぁ、知っている人ってどのくらいいるかな...

お早うございます。

MZ80B・・・
凄くマニアックなというか・・・お金持ち?
マイコン少年だったのですね。

私は学生時代TRS-80でベーシックのプログラムを覚えたのですがあまりハマらず、パソコンが16ビットになった頃、会社にあったPC-9801VXでパソコンの世界に入りました。
(9801VX:基本DOSでN88BASICも動いた)

ちなみに、パンチカードによるFORTRANも一応経験があります。

なんだかとてもく古い記憶・・・