FC2ブログ
2010/06/04

似たようなモノ

大人の科学 VOL.27 はLEDの残像で文字などを表示するというモノでした。

これも似たようなモノです。

さて何でしょう、見てのとおりのオモチャのファン(扇風機)です。
ファンの羽根にLEDが仕込まれていて、回転しながら発光するのです。
この時の発光パターンによって残像が発生し文字を表示する仕組みになっています。
更に凄いのは表示する文字を自分で入力出来るのです。
こんなものがある事自体凄い事だと思います。
そしてその値段ですが数百円という価格。
法律の区分としは玩具ではないと思いますし何の保証(性能、耐久性、事故対策など)もないものだと思いますがそれにしてもこんな値段で作る技術力・・・
ある種、感動さえ覚えますね。
DSC04222_2_2243001.jpg

ファンとしての能力はさほどではないですが面白いのでたまにまわして遊んでいます。


羽根の部分はこのようになっております。
DSCN0235_2248001.jpg

どのように見えるのか動画をご覧ください。

[広告 ] VPS


PHASE1と表示されたあとPHASE2、そして実はPHASE4まで表示されるのですが、長くなるので2で切り上げました。

さて、ここでお気づきの方おられるでしょうか?

自分のブログで以前のもののタイトル、PHASE2は実はこれから取りました。
ソフトウェアのPHASE1とは全く関係ありません。

その時思ったことは写真の撮影において撮り始めの段階から一歩すすんで次のステップに向かうという事でした。
まずはがむしゃらにシャッターを押していた段階から、被写体を意識して撮る。
そういう意味を込めてPHASE2というタイトルを使ったのでした。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント