FC2ブログ
2010/06/03

大人の科学 VOL.27 組立完了

この間紹介した大人の科学VOL.27ですが、昨日組み立ててみました。

組立そのものは本の説明を見ればさほど難しくもないと思います。

それよりもちょっとつまずいたのはウィンドウズの設定です。
マイコンプログラムの編集や書込みを行うソフトが起動しないという事態に陥りました。
インストールは上手くいったのですが、起動時にメッセージが出て終了するしかない状態。

表示されるメッセージは、

” 設定に関する問題 ”
” 設定を保存するためのフォルダを作成できないため、動作を停止します。”

というもの。
結果としては、ウィンドウズのユーザーアカウント制御を無効にした事でソフトは起動しました。


もしも同じ状況でこのブログにたどり着いた方。
この事で別の問題が発生しても責任は持てませんが、参考になればと思います。

こちらが完成した形です。
DSCN0207_2244001.jpg

写真に写っているものは電池を除いてすべて付録として付いているもの。
電池は単4形が3本必要です。


P.O.Vと呼ばれるもの。
バー状の部分にLEDがついています。
このバーは手前のハンドルを回すと左右に振れ往復運動(揺動)します。
DSCN0208_2245001.jpg


裏側です。
カバーなんて無いって所が潔いですね。
最低限ハンドルとバーのコンロッド部だけは付いていますけど。


DSCN0209_2246001.jpg


さてどうやって使うか?
まずはサンプル的にアップロードされているプログラムを書き込んでみました。
大人の科学のHPからダウンロード出来ます。

書込みはいたって簡単。
プログラムをダウンロード、これを開いてコンパイル、そして書込み。
これで終了。
何しろドライバーをインストール後、USBコネクタを差すだけなのでお手軽です。
専用ライターは必要ありません。

下の写真は書込み後動作させた所。
ハンドルを回すとプログラムで決められた内容に従ってLEDが点滅を繰り返すというもの。
この点滅のパターンが丁度残像となって文字が表示されるというわけです。
DSCN0211_2247001.jpg
写真ではハートのマークしか映っていないですが実際には3文字表示されます。

と言っても良く分からないと思いますので動画をアップしてみました。
このプログラムの動作例はおそらくあちこちでアップされているでしょうが、まあお付き合いください。

なんといっても手動って所が泣かせますね。

[広告] VPS


ハンドルの回し具合で文字の表示がかなり変わります。
上手く表示させるにはコツがいりますね。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント