FC2ブログ
2010/05/30

Marshall GM15CDR

この四角い物体は何でしょう??

見る人が見れば直ぐに分かりますよね。
これはギター用のアンプです。

楽器に詳しくない人の為に説明しますと、通常エレキギターはギターとアンプを電線で繋いで使用します。
エレキギターにも色々種類はありますが通常見かけるエレキギターはピックアップというもので弦の振動を電気信号に変換しこれをアンプで増幅して大きな音にしているのです。

アコースティックギターは弦の振動をボディーで共鳴させて増幅しているので普通に弾く分にはそのままで良い訳です。

さて、これはそのアンプです。
ギターアンプも色々ありましてこれは小さい物です、まあ練習用といったところでしょうね。
でも立派な音が出ますよ。

ギター好きの人には説明の必要もないでしょうが、メーカー名は「マーシャル」ハードな音楽を目指すギタリストにとりわけ人気のあるメーカーです。
DSCN0140_2234001.jpg

なんでアンプかというと、昨日のコンサートですっかり気を良くした一徹は久々に自分も音を出してみようと思い立ったのでした。

かなり以前にはバンド活動もしていましたが(当然アマチュアです)最近は休みといえばほぼ野外活動しかしていないのであまり音楽にかかわる事は無くなっていました。

そんな訳で今は年に1、2回しかアンプから音を出したりしませんがその昔若かりし頃は近所迷惑なくらい大音量で練習していたのものです。

さて、昨日のコンサート、財津さんですが、マーシャルってあまり関係ねーべ!って突っ込み入るでしょう??
そうですね、多分ジャズコーラス(クリアーな音のアンプの名前です)かなんかの方が良さそうですよね。

要するに一徹は昔ハードロックをやっていたのです。
なのでアンプはマーシャル、ギターはストラトです。
とは言え聞く音楽は結構幅が広かったりもするので財津さんも守備範囲なわけです。


ちなみに家では大きな音も出せませんので今日は会社で弾きました。
日曜なので誰もいませんので。

まあ貸しスタジオなら文句なく大音量も出せますし、デカイアンプも置いてあったりもしますが、一人じゃスタジオ借りても仕方ないし、そんなに長く弾く訳でもないし。

そんな事で朝っぱらからちょっと弾いて、それから鳥見に行ったのですがそっちは全然成果なし、ちょっとガックリ。

スポンサーサイト



2009/08/10

またまた頂きました

この間に続いて、またまた頂きました。
ガチャポンで出たというこれ、中々のものです。

前回の記事はこれです。

この間のはストラトでしたが、今度はレスポールとSGです。
DSC09223_718001.jpg

この間のとまとめて撮って見ました。

ギターに詳しくないという方のために
ちょこっと解説しますと

一番左
フェンダー(メーカー名)
ストラトキャスター(ギターの名前)
通称:ストラト

真ん中
ギブソン(メーカー名)
SG(ギターの名前)


ギブソン(メーカー名)
レスポール(ギターの名前)

となっております。

特にストラトとレスポールは言わずと知れた2大ギターです。
どちらが優れているというものではありませんが、どちらもプロフェッショナルからアマチュアまで幅広く愛され続けているものです。

で要するにこれはそのフィギアなのですが、ほんとによく出来ています。
マニア心をくすぐりますね。

特にストラトのアームの太さは実に絶妙。
リッチーブラックモアが全盛期に使っていた改造ストラトのアームを思い起こさせます。(わかるかな?)

それとSGは割合地味なギターですが、愛用者も多く、古くはAD/DCのギタリストが使っておりました。
最近は音楽から遠のいておりまして良く分かりません・・・・(;^_^A アセアセ・・・
あとはノヴェラのギタリスト平山照継が使っていましたが、知ってる人もほとんどいないでしょうねぇ・・・
元祖ビジュアル系みたいなバンドでした。

続きを読む