FC2ブログ
2011/06/30

デュアルブート

とうとう我社にも64bitの波が押し寄せてきました。
客先から支給していただいたデータがやけに重いのです。

それは32bit4Gメモリのマシンでほぼ実用にならない重さ。
これでは話にならないとメモリをもっと活用できる64bitのOSを使う事にしました。

候補は2台あるワークステーションのどちらか。
1.XEONを積んだちょっと古いマシン
2.COREi3の新しいマシン(ワークステーションといってもエントリーモデル)

1.はプリインストールのVISTAは動いている物のウィンドウズ7には未対応。いまさらVISTAの64bitを買うのもどうか?

2.はちょっと非力か??

その他新たに買うと言う手もありますがそんなにあっても仕方ないのでこれはパス。

ウィンドスズ7は使ってみてVISTAより遥かに良い感触でしたので、それなら多少非力でもウィンドウズ7が動く方が良いかということで2.に決定。
(一応付け加えますと非力と言っても全く何の問題もありません。スペック的にXEONと比べての話です)


一応念のため今動いている環境は残そうと新たにHDDを購入して新規にインストールする事にしました。


メモリーは元々着いていた4Gを取り外し 4Gx2=8G を新たに買いました。

エントリーモデルの方は上限16Gなので必要ならあと8G増やせます。

OSはパッケージ版を購入。
というのもプリインストールのWIN7はディスクはあるものの32bit版だけなので64bitは買わないと手に入りません。

DSCN8542_3865001.jpg

これでいざインストールにのぞみましたがどうせならと32Bitと64bitのデュアルブートにしてみました。

という事でインストール作業で今日一日かかってしまいましたが一応はほぼ環境的には復旧しましたのでいよいよ明日以降、当初の目的の重たいデータの検証にかかろうかと思います。

スポンサーサイト



2010/10/01

DOSだぁ!

DOS・・・
最近あまり聞かない言葉です。

このあいだパソコンショップの閉店の話を載せましたが、今日は98ノートの話です。


古ーい時代のソフトを使わざるを得ない仕事をやりそうな気配です。
念のために昔のノートパソコンを引っ張り出してみました。

DSC04485_2811001.jpg


続きを読む

2010/09/23

閉店セール

本日はお彼岸につき鳥見はお休みです。

用事の合間に某店の閉店セールを覗いてきました。
その店の名は「パソコンランド21高崎南店」。
ここがとうとう閉店という事になったそうです。

通称ツーワン(勝手に自分で呼んでいるだけですど)ここの他に伊勢崎店というのがあり、そこは営業を続けるそうです。

このツーワンですが、かなり古くからやっていて、いわば群馬では草分的といっても良いでしょう。
まだ今のDOS/Vの前からつまりPC98の頃からやっていました。

PC98やDOS/Vと言ってももう意味も名前も知らないって人も多いでしょうね。
その昔、NECのPC?9801という今のパソコンとは全く別の規格のパソコンがあり、それが国民機と呼ばれていた時代です。

それが1990年代初頭よりDOS/Vと呼ばれる今のパソコンの原型の物が突如現れ、その安さとオープン規格が故の拡張性、サードパーティーの多さなどから次第に普及し遂にはPC?9801が消え去ったというのがパソコンの世界の流れです。

思えばそのPC?9801の唯一の互換機エプソンのノート型パソコンをこの21で買ったのが自分の初めてのパソコンでした。

そのノートパソコンは当時主流の2FDDだったのですが、片方のFDDを後付けHDDに換装したりといろいろいじくり倒したのを思い出しました。

DSCN3196_2786001.jpg

そんな頃からずっと通い続けていた訳ですが、ある時からPCの自作に興味が無くなりあまり最近はPCショップに立ち寄る事はありませんでした。

でもいざ閉店となって、店を訪れてみればなんだか色々とこみ上げてくるものがありました。

自分でパソコンを作る事に夢があった時代とでも言えばいいのでしょうか?

それは安さだったり、拡張性だったり、信頼性だったり、中身の構成の分かりやすさだったり、自分で作った方が断然面白かったと思えた時代。

それがいつしかパソコンは道具になり買った方が安いと思うようになりました。

自作をしている方も沢山いる事とは思いますがこの店の閉店はそんな時代の象徴と思えます。


PS.パソコン自作に興味が無くなったのは、かつて自作したPCがある時一辺に3台壊れた事があり、そのショックによるものでした。